えぇ?マジで? 意外すぎる“ももち”嗣永桃子の芸能界引退理由。本当は●●なんです

ニュース

えぇ?マジで? 意外すぎる“ももち”嗣永桃子の芸能界引退理由。本当は●●なんです
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

アイドルなのにバラエティー番組に引っ張りだこだった “ももち”ことカントリー・ガールズの嗣永桃子(24)が2017年6月30日をもって芸能界を引退することをグループ結成2周年記念のコンサートで発表しました。引退後は、以前から興味があったという「教育」分野に進むことに。

“許してにゃん”等のぶりっこキャラ?と愛称で人気だった「ももち」。一時はテレビで見ない日はないくらい露出していましたが、この頃はテレビではあまり見かけなくなっていましたね。
ネット上では、芸能界から干されたとの噂や、病気説などもささやかれていましたが、本人は今後の芸能活動の方向性に悩んでいたようです。

ももちは、Berryz工房のメンバーとして2004年にデビュー。同グループが2015年に無期限活動休止すると、プレイングマネージャーとしてカントリー・ガールズに参加。当初から「2、3年かけてメンバーを一人前にしたい」と目標を掲げ、「Berryz工房のメンバーがやりたいことに向かって進む姿に後押しされたのも大きい」と新たな道に踏み出す決意を固め、以前より興味のあった「幼児教育」の道を進むことを決断したようです。

以前より子供が大好きだった“ももち”は、アイドル活動と並行しながら大学へ進学し教員免許を取得していたほど。
「幼児教育について改めて勉強に専念し、いずれお仕事にできればと考えています」と語っています。

今回の引退報道では、芸能生活15周年の節目での決断の様です。この頃の引退騒動は、事務所とのトラブルや金銭トラブルに加えて、グループ内の不和によるものが多い中、所属事務所ともトラブルはなく円満退社だそうです。

 ライブ前に会見を行い、「みんなももちのこと大好きだから、寂しい思いさせて“許してにゃん”という気持ち。だからこそ、悔いの残らない完全燃焼できる幸せな時間を過ごしたい」と話し、残りの活動に向けて「アイドル界に伝説を残したい」と意気込み。「歌とかダンスは一生好きだと思うので、私がアイドル活動を通して得たものを発展させて子どもたちに教えたい」といい、「楽しみでワクワクしている気持ちが強い」と次の目標に目を輝かせていました。

会見では、引退か?と問われると「そう捉えていただいて構いません」と断言。終始会見を笑顔で盛り上げていました。後輩メンバー達には2週間前に卒業を伝えており、会見で明るく振る舞うメンバー達に、焦るふりをして笑わせつつ、「“アイドルは泣き顔よりいつでも笑顔”っていう私のモットーをみんな守っているんだと思う」と話していました。

それにしても、先日は乃木坂46の橋本奈々未も引退を発表しました。永遠のアイドル山口百恵さんもアイドルを引退し「一般人」になりましたが、アイドルは一般人に戻りたいと思う人が多いのでしょうか。残念な報道が続きますが、今後の活躍に期待したいですね。
がんばって!

■ハロプロももち 芸能界引退の理由は?

■土田晃之がももちを絶賛!

■芸能界引退に感心する加藤浩次

1

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ